にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ツギクルバナー

消ゆるのは吾のみや

宵の明星が皓皓と輝き 日没後の深き橙色の西の空を見詰めな…

宇宙顚覆への果てしなき執念が燃え立つ

もとは単なる自己愛から発したとはいへ 此の宇宙への憎悪は…

小説 祇園精舎の鐘の声 二十一の篇

 つまり、「楽」が生んだ最たるものが生者を彼の世へ簡単に…

頑なに

世界が嗤ふなら嗤はしておけばいい。 その代はりお前は凜と…

前歴史における世界開闢物語 六

初め、巨大化に巨大化を重ねし大渦は ぱっと射した光が一瞬…

移ろひ行くことの悲哀

あと何度の春夏秋冬を生きられるのでせう。 最近夙に老ひを…

夢幻(むげん)空(くう)花(げ)

夢幻(むげん)空(くう)花(げ) 序 なんだかんだであれ…

白い野良猫

初秋の夏の名残が消えゆく頃、 月下の夜風は肌には涼しく …

THE [FIRST] BOOK OF URIZEN 9

第九章 1.それからそれらの「数数の都市」の住人たちは …

前歴史における世界開闢物語 五

一つ目の巨人はあらかたの使命を終へ 最後は永劫界諸共自ら…

Call Now Button Clicky ??????