病にて目に見えて体が弱りくれば
死がちらつくのはやむを得ぬとはいへ
それでもこれは吾のみか
生に全く執着しない吾といふ生き物の生態に
吾独りほくそ笑む

それでも吾が執着するのは
この吾といふ存在の在り方についてであり、
まだ幾分かは生きられるかもしれぬこの身の
此の世での在り方と身の処し方については
どうあっても死すまでかっと目を見開き
しっかと見届けねば此の世に心残りを残すといふものぞ。

能なしが吾といふ存在の在り方を考へたところで
高が知れてゐるとはいへ
吾の悪癖故に病床にありながら
思ふはこのみっともない吾といふ馬鹿げた存在の在所ばかり。
へっ、結局の所、
最期までこの退っ引きならぬ世界といふ面妖なるものに対して
吾は敗退に敗退を続け病に倒れしか。

それでも気が緩めば涙が頬を伝わる可愛らしげな処は
まだ吾にも残りたり。

冀ふは死のその時
吾の思索が拵へた槍で以てして
此の世界と刺し違へられれば
吾の本望といふものだ。